仮想通貨のウォレットってよく聞きますが、何をする物?

仮想通貨の取引をする際には、まず自分で資産管理をする事が

非常に大事になってきます。

いきなり仮想通貨取引所が潰れたり、ハッキングを受けて・・・
なんて可能性は0ではありません。

コインを購入したので、安心して取引所に置いたままにしておき、

久しぶりに残高を確認してみると 0.0000の数字が

並んでいる、という事にもなりかねません。

そんな事になったらたまったもんではありませんよね。

そうならない為にも、ウォレットの知識は覚えておきましょう。

使う使わないは、ご自身の判断ですが、覚えておいて損する事は

絶対にありませんよ。

ウォレットって何ですか?

ウォレット? 仮想通貨を始めたら、良く出てくるキーワードですが

その実態は一体何なのでしょう?

まず最初にウォレットと言って思いつくのは「財布」と思うのですが

仮想通貨でいうウォレットとは、購入した仮想通貨を「保管する」アプリ

と思って頂くとイメージが付きやすいと思います。

なんとなくイメージが湧いたけど必要なの?

ウォレットとは、仮想通貨を「保管する」という事が

大前提で作られています。

仮想通貨は、デジタルの通貨なので、実際に手に取って

使用する事がありません。

パソコンを使っての、データ上の取引や、スマホのアプリを通しての

決済などで使用しますね。

デジタルの通貨なので、数字が行ったり来たりしているだけの世界です。

それゆえに、悪いことを考える輩が出てくるのです。

銀行強盗みたいに、体を使って、悪事を働くような、

リスクを負わずに、うまい具合にハッキング出来れば、

それこそ、ものの数分で、何百億というお金がとられてしまいます。

実際に、仮想通貨の取引所がいくつもハッキングによる、

被害を受けています。

そのような被害に合わないように

自分で資産を守るツールです。

取引所に置いておけば安心では?

と思う方もいると思います。

コインチェック
ビットフライヤー
zaif

等の取引所の事ですね。

私も、最初はそう思っていました。

しかし、仮想通貨の取引所は、日本の銀行にお金を預けている

感覚でいると大変危険です。

銀行は、国の法定通貨を取り扱っている為、

法律・仕組みがばっちり出来あがっていますし、

外部からのハッキング対策も厳重にとられていますので

まず、安心です。

万が一、銀行に何らかの事が起こったとしても、ある程度の資産は

補償される仕組みになっています。

しかし、仮想通貨の取引所ではそういう訳にはいかないのです。

法律も各国によって違いますし、

基本、取引所が潰れようが、ハッキングされようが

自分の資産は戻ってきません。

まだ、認知され始めて日が浅いため、法律が追い付いて

いないのが現状です。

つい先日も、日本のコインチェック取引所でコインが盗まれました。

これも、ハッキングの対策が不十分で起こったと言われていますね。

コインチェックの発表では、資産の保証はするらしいのですが、

定かではない状況です。

仮想通貨自体、去年の秋口から、爆発的な人気が出た為、

資産管理の面では不安要素がまだまだあります。

今の段階では、

仮想通貨=自分の資産は自分で守る・管理する

がとても重要になってきます。

そこで重要な役目を果たすのが、ウォレット という事になります。

自分の資産は、きちんとウォレットに入れて保管しましょう!

それでは、今からウォレットの種類について説明していきます。

ウォレットの種類について

まず、ウォレットには種類があります、そして

5種類に分類できます。

1.WEBウォレット
2.ソフトウェアウォレット
3.モバイルウォレット
4.ハードウェアウォレット
5.ペーパーウォレット

それぞれには特徴がありますので、説明してきますね。

その前に簡単に、それぞれのウォレットの、長所・短所を表にしてみました

ウォレット種類 長所 短所
WEBウォレット  一日何回も取引したり、こまめに資金を移動する時は便利。簡単に取引できる オンライン上に保管しているため、 常にハッキングのリスクが付きまとう
ソフトウェアウォレット  自分のPCにウォレットをダウンロードして管理するので、ハッキングのリスクは少ない。  PC保管なので、PCが故障してしまったり、ウィルスの被害に注意。
モバイルウォレット  スマホで簡単に取引が出来るし、決済も簡単  スマホが壊れたり、落としたりすると取り出せない、ウィルス感染に注意
ハードウェアウォレット オフラインで管理するので、安全。秘密の鍵の番号をなくさない限り壊れても大丈夫  パソコンの知識が必要。購入費用が発生
ペーパーウォレット 完璧なオフラインなので、
ハッキングの心配はない
暗証番号、秘密の鍵をなくしてしまうと、二度と取り出せない

1.WEBウォレット(ウェブウォレット)

取引所でコインを購入したらまず最初に、このWEBウォレットの中に保管されます。

取引所のzaifでコインを購入した場合はこの様な画面で

丸印の所に購入したコインが表示されます。

これで、このコインはzaifのWEBウォレットに保管されている事になります。

取引所に預けたままでは危ないですよ!と言われているのは、この状態のままでいる事です。

(コインチェックの事件は、この様に取引所のウォレットに保管していた為に起きました)

事件後のWEBウォレットについても、補足しておきます。

コインチェックの事件があった後、取引所各社もさらに、

セキュリティの見直しを行っており

ビットフライヤーやzaifは、下記のような対策をしてきています。

ビットフライヤー  

詳細はこちらに書いてあります

 セキュリティファースト主義

zaif

詳細はこちらに書いてあります

セキュリティ対策室設置について

2.ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとは、各コインに対応したウォレットを

自分のパソコンにダウンロードして管理する方法です。

仮想通貨のウォレットは、普通のお金を入れる「財布」とは違い

保管できるコインの種類が決まっています。

例えば、ビットコインのウォレットに他のリップルやイーサリアムの

コインは入れる事が出来ないのです。

例えばビットコインのウォレットでは

Bitcoin Core(ビットコインコア)

イーサリアムでは

公式のウォレット「Mist」

ですね。

この様に、通貨ごとのウォレットが決まっています

なので、自分が保有しているコインに対応した

ウォレットを探して、ダウンロードしないといけません

パソコンの初心者にはちょっと難しいかもです?

後、パソコンの中にツールを入れるため

ハードディスク等の空き容量が少ないと、ダウンロード出来ませんので

そのあたりの容量も気にしないといけないです。

3.モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマホ用のアプリを使って

コインを保管します、アプリなので、他のウォレットに比べ

扱いやすく、スマホ一つで、コインの確認、支払い等が

出来ます、スマホユーザーには使いやすいですね。

アプリによっては、コインの購入が出来たりする物もあり

用途によって、アプリを選択出来ます。

おすすめ

ビットコインのウォレットなら、セキュリティの高い

bread wallet (ブレッド ウォレット)

copay(クーペイ)

アルトコインでは対応通貨の多い

jaxx(ジャックス)

Coinomi(コイノミ)

これらのアプリがおすすめです。

全てアプリですので、各スマホの機種に対応した、

アプリをダウンロードしてご利用下さい。

iphone→APP Store
android→Play Store

デメリットとしましては

スマホなので、紛失・故障・ウィルス感染

等でコインが取り出せなくなる可能性のリスクがあります。

こちらも、バックアップの方法はきちんとありますので、

まずは、きちんとバックアップをして、リスクに備えて

おきましょう。

モバイルウォレットは便利なのですが、やはり大量なコインを

保管するのは危ないです。

お金を財布に入れて持ち歩く際に、100~200万円をいれて

持ち運ぶ事を想像すると、ちょっと怖いですよね(笑)。

大きな資産を保管するには、今から説明する

2種類のウォレットを使用した方が安心です。

4.ハードウェアウォレット

これから紹介するウォレットは、今の時点では

使い勝手・安全性の二つを兼ね備えているウォレットと

言えるでしょう。

現時点では次の3種類が、販売されています。

1.TREZOR こちらで詳しく説明してくれてます

2.LedgerNanoS

3.KeepKey

ハードウェアウォレットとは、専用の端末を使用し

その端末の中に、自分のコインの口座(金庫)を開ける情報

保管する物です。

形がUSBに似ているし、実際USBポートに差し込んで使用

する為、この端末の中に、自分のコインが入っていると

勘違いすることがありますが、この端末は、自分の口座(金庫)に

アクセスするための、秘密の鍵(パスワードや、暗号等の必要な情報)

を保管している事になります。

一番の特徴は、ネットワークと繋がっていないので

ハッキングされることはありません。

使用する際に、PCに繋いで使用しますので、気づいたら

コインが消失していた、なんて事は起きませんね。

デメリットですが

オンラインで繋がっていないので、使い勝手は良くないです。

コインを取引したり、支払いをする事は非常に手間です。

端末の破損・消失の可能性があります。

ハードウェアウォレットのみ、購入しないと手に入れられないので

費用が掛かってきます。

現時点でのおすすめのウォレットは、コインの対応種類が多い

「LedgerNanoS」

ですね。

ここ最近ハッキング事件が多いので

手に入れるのが難しくなってきています。

公式サイトからの購入には1か月以上納期がかかるみたいですが

1個は手に入れておきましょう

くれぐれも、公式サイト以外では購入しない事!

amazonやyahoo等で購入した場合は、本体に

ウィルスが仕込んである場合があるらしいので、

その端末で手続きしてしまうと、全てハッキングされます

特に「LedgerNanoS」は危ないそうです。

パッケージの包装がフィルムで包んで有るだけなので

一度開けて、ウィルスを仕込んだものを再び簡易ラップ包装

で包んでしまうようです。

5.ペーパーウォレット

最後にペーパーウォレットの説明ですね。

こちらのウォレットは、ペーパーウォレット作成の専用サイト

で、自分専用のアドレス(口座)と秘密鍵(パスワード)を作成し

その情報を(アドレスとパスワード)紙に印刷し保管します。

仮想通貨で一番大事な情報を、紙に印刷しているため

オンライン上に無いのでハッキングのリスクはありません。

ちなみにビットコインのペーパウォレットはこんな感じです

QRコードの部分に、アドレスと、秘密鍵の番号が印刷されています。

パソコンのプリンターから印刷出来るので、数枚印刷して分散保管しておくのも

安心です。

紙なので、インクが薄くなったり、破れたりするので保管方法は

考えた方が良いでしょう。

今のところ、お金をかけずに長期保管するには

最強!の保管方法ではないでしょうか。

ペーパーウォレット作成サイトの紹介

ビットコイン
bitaddress.org

イーサリアム
MyEtherwallet(マイイーサウォレット)

リップル
ペーパーウォレットジェネレーター

主要3コインのペーパーウォレット作成サイトを

紹介しましたが、ペーパーウォレットも対応コインは

少なめですので、お手持ちのコインが対応しているか

調べた上での作成となりますね。

あと、作成方法が結構ややこしいので、パソコンの知識が

あまりないと少し難しいと感じるかもしれません。

以上、5種類のウォレットを紹介させていただきました。

まとめ

ウォレットにはそれぞれ、一長一短ありますが、

保管に於いて重要なのは

アドレス(口座番号)と秘密鍵(パスワード)の二つを

自分で管理する事です。

その点で行くと、ハードウェアウォレット・ペーパーウォレット

が安心という事が言えますね。

結局実態が無いので、仮想通貨という物自体、ハッキングに会う

可能性は0にはならないでしょう、しかし、現在の銀行も

ハッキングに狙われ、銀行強盗の標的になる可能性は十分ありますし

100%安全という事は難しいです。

仮想通貨の保管も、自分で出来る一番の

安全管理をしていく事に尽きるのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする