仮想通貨の取引所と販売所は何が違うの?

仮想通貨の話をするときに、必ず出てくる言葉に、取引所・販売所 という言葉が、
ありますよね、そもそも、ここって、何をする所かよくわかりませんね。

私も、最初はさっぱり分かりませんでした?。

ここに行けば、仮想通貨が、買えるのだろう?

銀行で日本円をドルに交換するみたいな感じで、仮想通貨を手に入れるの?

各コインに、値段が付いていて、その値段で枚数を買うの?

こんな風に思っていました。

仮想通貨を購入するには、取引所と販売所のどちらでも購入できますが、

この2つには、それぞれ、売買する際に、特徴があります。

各コインには、それぞれ価格があります、この価格は、取引の総量によって
買い手・売り手のバランスで決まります。

欲しい人が増えて、売りたい人が少なければ、価格は上がりますし、
欲しい人が減って、売りたい人が増えれば、価格は下がります。

基本的に、この需要と供給のバランスで常に価格が変動していますので、欲しい価格で欲しい枚数が必ず買えると言う訳ではないのです。

じゃあ、欲しい価格で、欲しい数だけコインを手に入れる事は出来ないの?
と、いう疑問が出てきますよね。

そこで、販売所がでてきます

1.販売所とは何をするところ?

販売所とは、コインを一定量ストックしているので、
現在の提示価格で即購入できる。

この図のように、購入価格が表示されている。

この、購入価格でコインが購入できます この時の価格は
一枚 ¥1,732,336 になります。

販売所のメリットは、自分の欲しいと思った価格で、すぐ購入出来る事です。

反面、デメリットもあります。

欲しいと思った購入価格で、すぐに買えるのですが、そこには手数料と
「スプレッド」という
おまけが付いてきます。

簡単に説明しますと、購入価格の下に、売却価格というのがありますね。
一枚 ¥1,691,205 になっています。

その差 ¥41,131 です。 この価格差の事を「スプレッド」といいます

この差が、販売所は大きいのです。(要は、販売所の儲けですね)

安く仕入れて、高く売る!(売買の基本に徹しています)
販売所はお店ですから、利益がないと運営できませんからね。

「スプレッド」が大きいとどうなるの?

一枚 ¥1,732,336 で購入した時、売却価格は¥1,691,250になりますので、
儲けようと思ったら、売却価格が、購入価格を上回るまで価格が上がるのを
待たないといけません。

という事は、この場合、¥1,732,336 で購入した瞬間に ¥-41,131
の赤字スタートになるわけです

ただ、この価格で、まとめて一気に購入したい、という時は
非常に有難いです。(赤字スタートでも、価格が上がっているからOK!)
という考え方もあります。

価格が、一気に上昇・又は下降する時は、素早く手に入れるか、手放す事が
必要になることもある為。

販売所を一言で表すと 

仮想通貨をお店(販売所)で購入する

2.では、取引所とは 何をするところなの?

次に、取引所について、説明します。

販売所との違いは、売りたい人と、買いたい人が、お互いの希望の価格を
出し合って、その価格を、取引所が仲介をしている イメージです。


この図では、左側が、コインを売りたい人。
右側が、コインを買いたい人。

真ん中の数字が、取引価格になります 上に行くにつれて価格が上昇。

売る人は、高い価格で売りたいので、高い価格で、取引所にオーダーします。

逆に、買いたい人は、安い価格で買いたいので、安い価格でオーダーを出します。

この図では、真ん中の緑の数字 ¥1,710,990 の所が、売りたい人の
最低価格なので、買いたい人は、この価格で購入できます。

取引成立って事です

ここで注意していただきたいことは、成立価格の左横にある数字 0.0265
この数字です。

なんの数字か?といいますと、売りに出ているコインの枚数です(買える数量)
この価格では、0.0265枚しか購入出来ません。

本当は1枚購入したいと思っていても、この価格では購入できない事になりますね。

ここが、販売所と違う所になります。
思った価格で、思った数量が購入出来ない。

1枚購入しようと思ったら、さらに高い金額が必要になってくるという事です。

なら、販売所で買ったほうが、一気に購入出来ていいじゃない。

と思いますが、取引所の利点は、「スプレッド」が小さい という事!
取引所も手数料はかかりますが、販売所とそこまで大きな差はありません。

販売所の、購入価格と売却価格の差「スプレッド」は ¥41,138 ありましたね

ところが、取引所では、買いたい人と、売りたい人の、「スプレッド」は
この図で行くと ¥210 です

この差は大きいでしょう。

取引所を一言で表すと

会員同士が希望の価格で売買する場所

販売所と取引所の、一番の違いは、「スプレッド」の差、という事になります

販売所・取引所 それぞれ、一長一短があります

コインをすぐに購入・又は売却したいなら 販売所

安く買って、高く売りたい場合は、取引所

取引のやり方で、購入・売却の場所を選択する という事ですね。

国内主要取引所の紹介もしていますが、

コインチェック・zaif・ビットフライヤー等の仮想通貨取引所の中には
販売所も設けてあります。
一般的にはまとめて、仮想通貨取引所と呼んでいるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする