仮想通貨の種類っていろいろあるの?

仮想通貨の代名詞と言えば 「ビットコイン」 ですが
実は、他にも沢山の種類があります その数1,000種類以上!

仮想通貨は大きく分けて

1・ビットコイン

2・ビットコイン以外のコインを総称して アルト(オルト)コイン
の二つの呼び方で区別されています。

では、なぜビットコイン以外のコインは アルトコイン とよばれるのか?
それは、アルトコインの正式名称は alternative coin 略してaltcoin(アルトコイン)
と呼ばれています。alternativeとは日本語で「代わりになる」という意味があります。
なので、ビットコインの代わりになるコインという事ですね。

それでは、アルトコインの中でも有名な物がありますので少し紹介します

2018.1.5時点で 時価総額の多い物から順に紹介します

1.リップル (XRP)

2.イーサリアム (ETH)

3.ビットコインキャッシュ (BCH)

4.カルダノ エイダコイン (ADA)

5.Tron (TRX)

6.NEM (XEM)

7.ライトコイン (LTC)

8.Stellar (XLM)

9.IOTA (IOT)

10.ダークコイン (DASH)

今日の時点でのアルトコインTOP10は上記のようになっております,
ただ、仮想通貨自体の値動きがとても激しいので、入れ替わりが結構あります,
参考程度にしておいてください。

仮想通貨の価格や時価総額などをリアルタイムで確認できるサイトとして
以下のサイトがありますので 参考までに。

1・CoinCap

2・CoinGecko

3・CryptoCurrency Market Capitalizations

次回は、それぞれの通貨の特徴や取扱の取引所を紹介します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする